注目

歯をあきらめないで

IMG_1587

骨量の不足も大丈夫

他医院で骨が不足しているので不可能といわれた場所でもあきらめないでください。先端歯科医療の発達はめざましく、歯科用CTの発達やすぐれた骨再生材料の承認などにより、ほとんどの部位にインプラント治療をすることが出来ます。

低侵襲な治療も可能です

上顎洞に骨を増やすサイナスリフトがどうしても嫌な方でもあきらめないでください。傾斜埋入やソケットリフトという比較的低侵襲なオペでインプラント治療をうけることが出来ます。傾斜埋入で笹尾歯科医院はインプラント学会賞を受賞しています。

無痛なオペもできます

高血圧や糖尿病など全身的リスクをお持ちの患者さまや、痛いのが苦手で不安な方でもあきらめないでください。麻酔の専門医の立会いのもと静脈鎮静麻酔を選択することが出来ます。全身管理のもと寝ている間に楽にインプラント治療をうけることが出来ます。

最後まであきらめない

インプラント治療もリスクはあります。骨の血流の問題により、インプラントが骨と接着しない場合があります。ササオインプラントセンターでは、成功するまで根気強くインプラント治療をうけることが出来ます。リトライの手術料は無料です。

咬みあわせの改善・歯周病の改善もお任せください

インプラント治療で忘れてはならないのは、咬みあわせの改善と歯周病の改善です。どんなに良いインプラント材料を使っても、咬合と歯周病を改善していなければ永く持ちません。ササオインプラントセンターでは、はぎしり・くいしばりに配慮したオーストリア咬合学に基づく咬合改善をうけることが出来ます。ベテラン衛生士による歯周病の完全な治療もうけることが出来ます。インプラント治療だけでなくご自分の歯を一本でも永く残すことをあきらめないでください。

 

笹尾歯科医院・ササオインプラントセンター  和光市駅前1分

048-467-7651

地図

 

スリットリフト法 上あごに骨が少ない40代男性のインプラント治療

本日無事にアバットと仮歯が入りました

この仮歯で食事をしてみて歯周組織との調和を観察します。
インプラントが噛んでいたくない
発音支障がない
歯肉が腫れない
相手のは(対合歯)が痛くない
仮歯の削れ具合
はぎしりがスムーズにできているか
などの審査を4週間後に受け そこで ファイナルを完成させます。
もともと「インプラントをするための骨がないので難しい」といわれた患者さんでした。
当院でのラテラルスリット法はサイナスリフトの改良法でより腫れにくくスピーディーにオペができます。
インプラント体が十分に骨と結合したか否かは
ペリオテストという機器を使い、数値化するので間違いがありません。
歯科は科学です。
サイナス1000
サイナス10003サイナス10004
サイナス10001サイナス10002

TEAM MASSIVE(チームマッシブ) 先進Dr 3人によるチームオペ

本日はラテラルスリットというサイナスリフトの侵襲を少なくした

我々で考えたオペでした。

サイナスリフトなどのやや難しいといわれるオペは

骨材料の改良や骨と優位に接着するインプラント体の改良
オペ法の改良により
腫れにくく
埋入したいところにインプラントを
なるべく短期間に成功させることができるようになっています。
それだけだなく
TEAM MASSIVE では、先進インプラントDr 3人 による TEAMオペにより
オペの精度や信頼性がぐっと上がります。
もちろん麻酔専門医もTEAMに加わり
より、質の高いTEAM医療を展開しています。
先端医療で患者さんを笑顔に!
我々の 使命です。
IMG_3297.JPG
向かって左男性: わだ歯科クリニック・矯正インプラント研究所 和田先生向かって右男性: なごみ歯科医院・インプラント研究所 佐藤先生後列真ん中男性:   笹尾歯科医院・インプラントセンター 笹尾両側女性: 笹尾歯科医院スタッフ衛生士・助手  奥:  麻酔専門医

佐藤妙100001

佐藤妙10007

最新の骨造成無料

夜間はぎしりくいしばりは、年齢とともに強くなっていきます

その結果、歯の破折からインプラントになるケースが多いのです。
抜歯した場所は骨が大きくやせてしまいます。
そこで、インプラント埋入とともに骨造成を行います。
最近の技術の進歩により
早く、安全にインプラント埋入と同時に周囲骨を再生することができるようになってきています。
初診時の所見
以前、インプラントを含めた包括的歯科治療をお受けになり、メンテナンス中でした。
左下が根の治療効果が見込めない状態で、時々調子が悪かったのですが、痛みもなく、咬めなくなるまで待ちましょうということでしたが、いよいよぐらぐらして痛みが出てきました。
抜歯→インプラントというご希望でしたのでそのように治療計画を立てました。
治療
抜歯、6週間後にインプラント埋入と同時に骨造成をおこないました。
兵頭10004.jpgのサムネール画像
兵頭10003.jpg
オペ時間30分 プラトン社のEL-Bioという骨伝導性の高い HAインプラントをもちいました
周囲には 人工骨を填入し、 SASAO型TEKシーネで 骨部をカバーしました。
術者の感想
初期固定も40Nと十分で、3カ月目に頭出しを行い、ペリオテストで骨との接着係数が良ければ上部構造(歯)をつくっていけます。
患者様の感想
こんなに早く楽に済むと思いませんでした、考えてみればチタンと骨がくっつくってすごいことですよね。もちろん患部の取り扱いは、ご指示に従って十分注意します!ありがとうございました。
価格
このような簡単な骨造成の場合は骨造成代金無料(材料代別途)で行っております。

インプラント学会発表のお知らせ

9月15日に

笹尾は大阪で開催される第48回日本口腔インプラント学会学術大会にて発表します。
「前歯部フレアーアウト症例に対してオーストリア咬合学を用いて
包括的審美歯科治療を行った1症例」
というタイトル。
内容は、はぎしりくいしばり治療を行い、咬合を改善し安定したかみ合わせをつくり
歯周病も良好に維持し、歯並びの審美も維持されている症例
はぎしり・くいしばりの神 スラバチェック教授の教えによる
包括的歯科治療です。
チーフ衛生士長藤も
衛生士セッションで発表いたします。
進歩は日進月歩
「 先端医療をすべての患者へ 」
研鑽を積みたいと思います。
笹尾 拝
咬合平面001DSC00432DSC00057

2018年4月の症例 50代女性 IT技術による低侵襲オペ

サイナスリフトが不安な方でもあきらめないでください!

インプラント治療をしたいのに

上あごの場合に必要な骨の量や幅がなく

“2018年4月の症例 50代女性 IT技術による低侵襲オペ”の続きを読む

2018年1月に完治の症例(60代女性 前歯インプラント全体的治療)

CIMG7032s CIMG7037s CIMG9373s CIMG9377s
初診時の患者様のお悩み
唾液が少なくなってきて、前歯がグラグラしてきている 歯周病の進行が不安 全体的に治したい。
初診時の所見
夜間のはぎしりに起因すると思われる、咬合の崩壊・重度歯周病。早急にかみ合わせ歯周病の治療が必要。
治療方針
歯周病の改善 咬合の改善(スムーズなはぎしりの誘導による咬合の再構築・崩壊の予防)
治療の成功は確信したので、ゴールに共に向かい、治療を成功にさせるためには、治療に伴い常に詳しく説明すること、質問になんでも答えて差し上げ、不安要因の改善につとめることが不可欠であると思った。
治療期間
治療期間 1年 治療費 エステニア11万円 インプラント39万円

google959c5289dd1782c9.html

 

google959c5289dd1782c9.html – ササオインプラントセンター

プラスチックサージェリー・歯肉整形

審美歯肉上2番目の歯をインプラント治療をしています(左から2本目)
まだプロビジョナル(仮歯)です
最近プラスチックサージェリーという言葉を聞きませんか?
歯肉美容整形オペという意味です
もともとプラスチックとは偽物とか仮のとかいう意味であまりよい意味では使いません。
われわれがおこなっているオーストリア咬合学では、最初からプラスチックサージェリーをおこないません。プロビジョナルの調整をとても重要視します。
プロビジョナリゼーションジェントリーといい
プロビジョナルで歯肉を美容整形し、歯肉が腫れないこと、咬んでいたくない、
発音に困らないこと、美しい仕上がりになっていることを紳士的に対応していきます。プロビジョナルで十分歯肉のハリを整形できます。場合によっては歯肉にヒアルロン酸を注入したりもします。
そして、最後の手段がプラスチックサージェリーです

審美インプラント歯肉の極意は

プロビジョナリゼーションジェントリーにありです。

歯の気持ち画像