CONCEPT

MENU

CASE

ほとんど腫れないラテラルスリット法インプラント

先端医療は素晴らしいものです。しかし、患者様に大きな負担をかけてしまっていいのでしょうか。
先端医療だからこそ、患者にやさしい治療、痛くない、ほとんど腫れない治療であるべきです。
その答えを探究し開発していくことが私たちの使命だと考えています。
私たちは、より確実でほとんど腫れないラテラルスリット法を行っています。
従来のサイナスリフト骨造成は術後の腫れという点では、患者さんの負担がどうしても多い治療法でした。
ラテラルスリット法は最小限のオペで、確実に骨造成を行い、しかもほとんど腫れない人にやさしい先端医療です。

NEWS

BLOG

  1. 夜間のはぎしり・くいしばり が原因で知覚過敏・歯周病・虫歯・歯の欠損になる
  2. 2021年5月19日の症例 78歳男性左うえ56 ラテラルスリット法(歯科医師向け) 
  3. 2021年3月24日(水)本日のオペ 50代女性 左うえ奥歯ラテラルスリット法 
  4. 妊娠性歯肉炎って治療が必要?
  5. 成長・発達期における不正咬合の早期治療健全な歯列の育成を目指すオーバーレイを用いた小児歯科…
  6. インプラント高度技術習得医 受賞
PAGE TOP