CONCEPT

常に最高レベルの治療を行います

笹尾歯科医院は、最先端の技術的なバックグラウンドをもとに、患者様にとって最良の治療を提供することを目指しています。大学病院で長時間待たなくても、交通アクセスのいい当医院で、同じレベルの治療を受けることが可能です。
院長は自ら医院に立つ以外に、歯科の世界で最先端をいく研究グループや大学に身を置いています。日本大学歯学部では講師を務め、歯科理工学教育を通じて、歯科医師を志す学生に多くの貴重な示唆を与えています。また、研究の成果として日本口腔インプラント学会ではデンツプライ賞を受賞しました。論文も積極的に投稿しています。

 

論文:「プラトンインプラントを用いた新しい手術法-確実で低侵襲な上顎洞挙上術を目的としたラテラルスリット法」 インプラントYEARBOOK 2020という最も権威ある専門誌に令和2年4月に掲載されました。

 

それだけにとどまらず、世界トップの技術を持つ歯科医師から咬合学に関する技術を直接学ぶなど、積極的に技術の蓄積を行うようこころがけています。
歯科医師として「働き盛り」。今、知識的にも、技術的にも、一番脂ののった医師の一人だと自負しています。常に歯科医療の最前線で活躍しているからこそ、最高レベルの医療を患者様にご提供できるのです。

患者様に「最良」の治療をご提示します

とても残念なことですが、歯科医にも得意不得意があります。ある特定の種類の治療法にだけ詳しい歯科医にかかると、見逃すはずのない大問題を見逃してしまったりします。また、短時間で治療を終わらせるため、得意分野以外の治療を避ける歯科医がいるのも事実です。
笹尾歯科医院はインプラント治療のプロフェッショナルです。しかし、インプラント治療技術だけでなく、歯周病治療、かみ合わせ治療、矯正治療のプロフェッショナルでもあります。歯科医の良心として、それぞれのポイントに十分に配慮した「最良」の治療プランをご提供することが私たちの目標です。
笹尾歯科医院では、まず患者様の状態を詳細に調べます。そのために、歯科用の最新デジタルパノラマ・レントゲン装置はもちろん、歯科用の3DXマルチイメージマイクロCT装置までも購入。詳細なデータをもとに、綿密な治療計画を作り上げます。

笹尾歯科医院では、「最良」な治療プランを必ずご説明します。もちろん治療期間や治療費など患者様のご要望にお応えするプランも容易していますが、歯科医として一度は「最良」な治療プランをご説明することは義務であると考えています。

「最良」の治療プランは快適に咬む生活

それでは、患者様にとっての「最良」の治療プランとは何でしょう。笹尾歯科医院では、それは快適に「噛む」生活であると考えます。自分の歯が残っている方には、まず、できるだけ自分の歯を長持ちさせて頂きます。歯を無くされた方には、先端技術のインプラント技術を使って新しい歯を作り上げます。
どちらも重要なのは単に治療することではなくて、日々快適に「噛む」ことができることであると考えます。インプラントの本数や、種類を議論するのではなく、日々快適に「噛む」ことのできる治療を目指しています。

安全な治療を提供しています

笹尾歯科医院では、、歯科治療は安全でなければと考えています。特にインプラント手術はデリケートな顎部分へ人工歯根を埋め込む治療になりますので、血管を傷つけたり、のちのちの埋入不良がないように細心の注意が要求されます。

 

高額な機械ではありますが、3DXマルチイメージ・マイクロフォーカスCT装置を導入した理由は、患者様にとっての安全で確実なインプラント治療を提供するためです。感度・分解能力に優れたCT装置を導入することで、患者様の顎の状態を綿密に把握することが可能となり、安全な治療が可能となっています。

そして、笹尾歯科医院の院内ポリシーは明快です

スピード治療を心がけています。

無痛治療を心がけています。

治療プランは患者様に納得していただくまでご説明します。

完全予約制です。

メンテナンスを重視します。

メンテナンス患者様の数が一番の勲章です

歯科医院選びは難しいものだと思います。特にインプラント治療をゆだねる歯科医を選ぶ際には、とても慎重にならざるをえません。腕はいいのか、患者の話を聞いてくれるのか?治療した歯はもつのか、価格は適正なのか。様々なポイントが気になるはずです。
では、笹尾歯科医院はどうなのかと聞かれれば、私どもは今までに治療した患者様の多くがずっとメンテナンスで来院いただいている事実をご説明しています。もし治療に満足して頂かなければ毎回のメンテナンスに来院頂くことなど、絶対にできないからです。
読売ウイークリー2008年6月8日号にて「厳選専門医192人実名公開 歯科の実力」という記事があり、メンテナンス患者が月50人を超える歯科医院は全国でたったの192医院。12年も前の記事ですから今はもっと少ないと思います。
笹尾歯科医院の月間メンテナンス患者数は100人です。
治療を終えた患者様の支持がなければ、この数字は達成できないと考えています。

 

院長プロフィール

院長 笹尾道昭

1966年生まれ 大分県出身
1992年 九州歯科大学卒業
1995年 笹尾歯科医院開業
2003年 歯学博士拝領
2003年 オーストリア咬合学スラバチェック教授に師事

2004年 日本大学歯学部兼任講師就任

2007年 インプラント再建歯学研究会常任理事就任

略歴

歯学博士・日本大学歯学部講師・
インプラント再建歯学研究会常任理事
オーストリア大学咬合学マスターコース
日本口腔インプラント学会専門医
日本歯周病学会・日本顎咬合学会・日本口腔疼痛学会・日本歯科理工学会
ピエールフォシャールアカデミー 国際歯学会 日本部会

著書

歯の気持ち: 笹尾ブランドのコンセプトや生い立ちが分かります 2005年amazon

Boys  Be GODHAND: 笹尾が指導している歯科医師たちのために書いた心構え  2019年amazon

論文:「侵襲の少ない上顎洞底挙上術を目的としたラテラルスリット法」
インプラントジャーナル78号論文掲載・2019年6月10日発刊・ゼニス出版

論文:「プラトンインプラントシステムを用いた新しい手術法ー確実で低侵襲な上顎洞挙上術を目的としたラテラルスリット法」YEARBOOK2020掲載・2020年4月発刊・クイッテッセンス出版

業績目録

1.Evaluation of Bone Formation by 3D X-ray Micro-focus CT and 3D FEA

Yasumasa Fukase , Michiaki Sasao , Masahiro Kaketani

Dental Materials Journal

DMJ2006-150 掲載

 

1.インプラントを用いた,クローズドロック症例咬合再構成へのアプローチ

笹尾道昭,深瀬康公,西山實

平成15年度日本口腔インプラント学会関東甲信越支部 第23回学術大会

平成15年10月18日・19日 東京都

 

2.残存歯のあるフルマウスインプラント症例の包括的治療

笹尾道昭,深瀬康公,西山實

平成16年度日本口腔インプラント学会 第34回学術大会

平成16年 9月24日-26日 大阪

 

3.三次元X線マイクロフォーカスCTを用いた骨新生の評価9.

三次元有限要素法による上顎洞口蓋骨の力学的検討

笹尾道昭,深瀬康公,西山實

平成17年度日本口腔インプラント学会 第35回学術大会

平成17年 9月16日-18日 弘前市   デンツプライ賞受賞

 

4.三次元マイクロフォーカスCTを用いた骨新生の評価10.

非破壊的・非侵襲的手法による力学的シュミレーションと検討

笹尾道昭,深瀬康公

平成17年度日本口腔インプラント学会関東甲信越支部 第25回学術大会

平成17年11月26日・27日 東京都

 

5.インプラント破壊因子に関する臨床的研究1.

スリープブラキシズムの回数とブラキシズムエフェクトナンバーとの関係について

笹尾道昭,深瀬康公,古藤加奈子

平成18年度日本口腔インプラント学会 第36回学術大会

平成18年 9月15日-17日 新潟市

 

6.三次元X線マイクロフォーカスCTによる新生骨生成の評価12.

有限要素法によるインプラント植立条件の力学的シュミレーション

深瀬康公,笹尾道昭,古藤加奈子

平成18年度日本口腔インプラント学会 第36回学術大会

平成18年 9月15日-17日 新潟市

 

7. 三次元X線マイクロフォーカスCTをもちいた骨新生の評価16.

 三次元有限要素法によるサイナスリフト造成骨の力学的検討

笹尾道昭,深瀬康公,藤井俊治, 米山隆之

平成19年度日本口腔インプラント学会 第37回学術大会

平成19年 9月14日-16日 熊本市

 

8.インプラント体として用いられるα+β型およびβ型チタン合金の力学的性質

笹尾道昭,宮澤 誠,掛谷昌宏,米山隆之

平成20年度日本口腔インプラント学会 第38回学術大会

平成20年 9月12日-14日 東京都

 

9.3次元マイクロフォーカスCTをもちいたボクセル積分法による インプラント体周囲骨量の検討

笹尾道昭,志賀泰昭

平成21年度日本口腔インプラント学会第29回関東甲信越支部大会

平成21年 8月22日・23日 東京都

 

10.三次元X線マイクロフォーカスCTをもちいたボクセル積分法による上顎洞

蓋側骨インプラント体の周囲骨量の検討

笹尾道昭,吾妻由規,掛谷 昌宏,米山 隆之

平成21年度日本口腔インプラント学会 第39回学術大会

平成21年 9月25日-27日 大阪府

 

11.上顎切歯舌側における動脈の存在に関する報告

笹尾道昭,下村知子,上島潤一,三上千明,米山隆之

平成22年度日本口腔インプラント学会 第40回学術大会

平成22年 9月17日-19日 札幌市

 

12.インプラントをもちいた包括的審美歯科治療

オーストリア咬合学をもちいた咬合再構築

笹尾道昭,上島潤一,三上千明,広野敬,定永健男

平成23年度日本口腔インプラント学会 第41回学術大会

平成23年 9月16日-18日 名古屋市

 

13.メインテナンスの間隔の差がインプラント治療の予後に与える影響に関しての報告

笹尾道昭,和田猛,上島潤一,三上千明,米山隆之

平成24年度日本口腔インプラント学会 第42回学術大会

平成24年 9月21日-23日 大阪市

 

14.前歯部フレアーアウト症例に対してオーストリア咬合学を用いて包括的審美歯科治療を行った一症例

笹尾道昭,和田猛,長藤愛美,和田美佐子,田中智子

平成30年度日本口腔インプラント学会 第48回学術大会

平成30年 9月14日-16日 大阪市

 

15.メインテナンス無断キャンセル率改善を目的とした当該患者データの追跡(AI的アプローチ)

長藤愛美,和田美佐子,田中智子,和田猛,笹尾道昭

平成30年度日本口腔インプラント学会 第48回学術大会

平成30年 9月14日-16日 大阪市

 

 

 

PAGE TOP