インプラントトラブルの真実 Why なぜあなたのインプラント治療はうまくいかなかったのか

インプラント治療後に痛くて咬めなかった、グラグラして腫れて抜けたなどという話を聞くことがあります。なぜでしょうか?そもそも、なぜインプラントにしなければならなかったかという原因を思い出してみましょう。きっと以下の原因に当てはまるでしょう

“インプラントトラブルの真実 Why なぜあなたのインプラント治療はうまくいかなかったのか”の続きを読む

インプラントトラブルの真実 How to どのようにして睡眠時の不正なはぎしり・くいしばりを改善するのか

下あごがストレスを解消しようとして睡眠時に動くわけですが、この時に咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)が生じ、インプラントを痛めるのです。下あごの動きは下あごの発育成長と関連があります。 “インプラントトラブルの真実 How to どのようにして睡眠時の不正なはぎしり・くいしばりを改善するのか”の続きを読む

どんないい材料をつかってもどんないいインプラントや入れ歯をしても 原因となる不正な夜間のはぎしり・くいしばりを改善していなけばふたたび欠損となる

オーストリア咬合学の創始者 スラバチェック教授の考えです。今や、重要な咬合学としてヨーロッパやアメリカ、世界で広く支持されています。

“どんないい材料をつかってもどんないいインプラントや入れ歯をしても 原因となる不正な夜間のはぎしり・くいしばりを改善していなけばふたたび欠損となる”の続きを読む